よくある近隣トラブルの種類

デリケートな騒音トラブル

近隣トラブルとしてよく耳にするのが、騒音に関するトラブルです。大音量で流れるテレビの音や上の階の足音、大きな話し声など、誰しもが一度はこういった音に悩まされた経験があるのではないでしょうか。
特に賃貸は壁が薄いことが多く、夜中の静かな時間帯であれば、隣の部屋の扉を閉める音といった些細な生活音まで聞こえてきます。音を出している本人はそんなつもりはなくても、他人にストレスを与えてしまっている可能性もあるのです。賃貸に住む場合は、周りに迷惑を掛けない様にある程度音に注意して生活することが必要でしょう。
しかし、赤ちゃんの夜泣きなどのケースではどうしようもない部分もあり、騒音元の家庭に言うのも憚られてしまいます。音に関する近隣トラブルは、睡眠不足で健康被害に発展しかねない深刻な問題であり、解決が難しいデリケートな問題でもあるのです。

ゴミ出しや悪臭に関するトラブル

ゴミ出しや異臭に関する問題も、よく挙げられる近隣トラブルのひとつです。きちんと分別が出来ていない、種類別のゴミ出しの曜日を守らない、指定の場所に出さないなど、定められたルールを守らない人がいると近隣住民みんなが迷惑してしまいます。周りが注意して改善してくれるのなら良いのですが、注意してもなかなか直らないケースも多いようです。
また、ゴミを捨てずに放置してゴミ屋敷と化し、悪臭を放って周囲に迷惑を掛けるケースもあります。特に賃貸では、壁を挟んですぐ隣に他人が住んでいるわけなので、異臭問題も深刻です。こういったトラブルに困ったときは直接クレームを入れると余計に拗れてしまう可能性があるので、管理会社や大家に相談することが先決です。